気になる銘柄メモランダム

スイング中心のイベント投資対象銘柄の備忘録的メモ

【デイトレ10日目】ドル円との連動性を再確認

ネガがないので上がるだろうが、これといった材料無し

今日は指標的にはネガがない。唯一、昨日日経平均が上げていることだけが気になるが、上げ幅1%未満なので下げ圧力になるほどでもないのか。それとも2日連続で上がるのは、やはりレアなのか。

f:id:chromebook:20160223205636j:image

朝イチの情報収集にいつも使っているYahoo!ファイナンスアプリをチェック。ふむ。弱気材料に大したものはなく、でも強気材料もあまり大物はない。上がるとは思うが、一本調子で上がるとも思えず、今日は静観することに。

f:id:chromebook:20160223205655j:image

寄り付き直前の様子。日経平均先物が110円ほど上回っており、上げて寄り付くだろう(日経先物は、場が開いているときは日経平均とほぼ一致なので指標としては役に立たない。場が開く前に、どちらに動くのかが分かるという点においてしか参考にしていない)。

あまりの上げ調子に思わず乗ってしまう

そして予想通り上げて始値が付いた。しかもそのあと、ぐんぐんと上げていく。昨日と同じパターンかも。

f:id:chromebook:20160223205726j:image

ここでガマンできず、1570日経レバを200万円分買い注文。もしここで下げたとしても、一週間のうちには取り戻せるだろうという計算で多めに張り込む。

※逆に1万6000円前後でインバースを大量購入するリスクは取れない。この点については以下の事例がとても参考になりました。

含み損300万円をコツコツ返済しています - せこせこ株式デイトレードの日記

この方は、日経平均が2万円あたりの高値をつけていた時に、1570日経レバを800万円ほど大量購入されています。日経平均が高値をつけている時、下げ余地は大いにありますが上げ余地はあまりないと考えることができます。下げ余地がたくさんあるので、一旦下がってしまうとなかなか高値ラインまで戻ってきません。

逆にいま日経平均は底に近いところにいます。PBRから見てもかなり安い水準。その底近くでインバース(ベア)を大量購入してしまうと、いったん上がり基調に入ると戻ってこないリスクがあります。上記の方とは逆の形ですが。

ということで長くなりましたが、現状はまだ上げ余地が多い水準と見て、1570を多めに買っても大丈夫だろうと考えた次第。

潮目の変化についていけず

ところが9:30ごろ急に潮目が変わり、下げに転じる。先行指標であるドル円がいつのまにかハッキリと円高に動いており、日経平均もどんどん下落。これは何かあったはず、と思いニュースを漁ってみるものの、これといった原因は突き止められず。

この機に乗じて、昼休みまたぎの作戦1を実施

しかしこの一本調子の下げを利用しない手はないと、前場終了直前の11時27分頃、1357日経ダブルインバースを100万円購入。急遽前場と後場のギャップを取りに行く作戦その1を発動しました。後場で安値に飛ぶはず。

12:30後場開場。予想通り50円ほど下げて寄り付き、さらに100円ほど下げていきます。しばらく見ていましたが、13時過ぎにいきなり60円ほど上げたのを見てビビり、すぐ売り注文。結果的に1万円ほどの利確となりました。

その後大引けまで揉み合いが続き、16052円で閉場。結局昨日の終値よりも下回って終わりました。後で分かったことですが、今日の下げの原因は対ドルで人民元が下がり、リスクが高まって円高に振れたのが理由だったようです。

潮目が変わったと思った時にちゃんとドル円レートを見ておけば、少ないながらもすぐに売って利確することができたはず。これは大きな反省点。高値で掴んだ1570日経インバースは含み損をかかえたまま、今日の利確は1万円。

今日の教訓

ドル円はきちんとチェックすべし。 潮目の変わり目はドル円で分かる

スポンサーリンク