気になる銘柄メモランダム

スイング中心のイベント投資対象銘柄の備忘録的メモ

【ETFデイトレ】 これまでの投資手法を検証してみた

日経平均終値 16497円
閉場時のドル円 105.7円

これまでの手法を振り返る

ここ最近まで試してきた手法(※)は、大きな値動きが取れるのがメリットだが、外れると当然含み損になるし、そうなるとズルズルと持ち続けてしまうのがデメリットであることがわかった。

作戦その1と、それをベースにした両建て手法のこと。

ここで、このような手法に至った経緯を、自身の反省のためにも整理してみる。

  • ETFデイトレ開始。場が開いている間は大きな値動きがない事を知る。
  • 逆に場が閉じている間、つまり15時から翌朝9時までに大きく値が動く。
  • ならば場が開く前、早朝のうちに注文を出せばいいのでは?
  • だが、早朝に注文を出しても値が付くのは結局場が開いてから。
  • 深夜であれ早朝であれ順番は関係なく、場が開いた時点で全部の注文を寄せて平均値をとる。
  • つまり場が開く前に注文を出すと高値掴みをしてしまう。
  • ならば、前日の閉場直前に買っておけばいいのでは?
  • 前日だと予想が当たる確率が下がる。当たった時はいいけど、外れた時は含み損をズルズルと持ち続けてしまう
  • 損切りのタイミングを決められないままブレクジットを迎える
  • 奇跡的にブレクジットショックを回復し、含み損をどうにか解消(イマココ)

f:id:chromebook:20160715210748j:plain

含み損が生まれにくい新たな手法が必要

なんとか日経平均が回復したから良かったようなものの、1ヶ月間まったく投資ができなかったことを考えると、それだって機会損失に変わりはない。これだけ大きく動いたんだし。

ということで、この反省をふまえた新たな投資方法を、いま乗り換え中の楽天証券で試してみよう、と目論んでいるわけだ。つづく。