気になる銘柄メモランダム

スイング中心のイベント投資対象銘柄の備忘録的メモ

【銘柄メモ】 TOKYO BASE / 富士紡ホールディングス / ダイトーケミックス

TOKYO BASE

実店舗での販売が主な収益源だが、EC比率が30%超と高い(うち9割はZOZO経由)。SNS戦略がうまくいったとのこと(WEARアプリでのコーディネイト提案がInstagramでシェアされた)。最初のブランドSTUDIOSがまだまだ柱だが、第二のブランドUNITED TOKYOが立ち上がりつつあり売り上げの3割ほど。

新店舗は池袋の2店舗と香港に1店舗。ECはSTUDIOS Globalを開始。アパレルはECだと利益率がグンと上がるので、今後EC比率が上がることと、第二のブランドがさらに拡大すれば今後も成長しそう。

TOKYO BASE (T-BASE) 【3415】:株価・株式情報 | 株探

富士紡ホールディングス

繊維会社とはいえ、収益のほとんどは半導体研磨材。サイトを見るとバッフルというか布ヤスリのようなもの。この商材がどれくらいシェアがあって伸びるのか次第。

時価総額は400億とちょっと大きめだが、PER10以下と低く、3400円の抵抗線を突破すれば伸びそう。文句なしの買い候補、と言いたいところだけど、注目されて人気化するかどうかというと疑問。長期として保有しておき、半導体テーマ株として人気化を待つか。

富士紡ホールディングス (富士紡HD) 【3104】 | 株価 チャート 日中足 日足 週足 月足 年足 | 株探

ダイトーケミックス

感光性材料の最大手。事業はいろいろやっているようだが、収益源はほぼ感光性材料。半導体好況から上向いているが、円高で輸入資材の原価が下がって収益が上がったようなので、これが最近の円安でどう響くか。

ダイトーケミックス (ダイトーケミ) 【4366】:決算/業績・財務推移 [通期/半期/四半期] | 株探

参考記事

この記事で取り上げられている銘柄から、四半期決算の推移がよさげなものをピックアップしたものです。

kabutan.jp