気になる銘柄メモランダム

スイング中心のイベント投資対象銘柄の備忘録的メモ

【長期目線】テーマ株としてEV関連銘柄を検討中

資産を3つに分けて、長期投資、イベント投資、短期投資に分けて投資をしていこうと考えている。今回のエントリーは、長期投資に関するメモ。長期、イベント、短期の定義は以下の通り。

長期投資

安定性重視。PER/PBRが割安で、かつ週足でも割高感のないものを条件とする。ただ、でもあまりに安全志向だと面白くないので、なにかしら大きく伸びそうなテーマを考えながら投資していきたい。

イベント投資

何かしらのイベントが見込まれていて、うまくいけば高騰を狙える「大化け株」的なもの。たとえば今で言うと、GNI、ヘリオス、星光PMC、IIJ、東京コスモス電機など。ここではPER/PBRは重視せず、材料のインパクト重視。

短期投資

デイトレ、スイング用に確保した資金。

EV関連銘柄に注目する理由

いま旬なテーマと言えば半導体関連だけど、すでに有力銘柄は高騰してしまっていて、前述の条件にはまったく当てはまらない。すでに人気化してから1年以上経っていて、業績も順調なので、株価も押し目がないほど高値で推移している。

そこでEV関連銘柄。注目した理由は以下の通り。

  • ガソリン車からハイブリッドカー・EV・FCVへの流れは、日本だけでなく世界の自動車メーカーのトレンド
  • 市場規模が劇的にデカイこと
  • 半導体テーマ株のように高騰しておらず、まだ買えること

注目は部材メーカー

EV関連で最初に挙げられるのが電池。テスラと合弁しているパナソニックが有力。それからモーター関連。モーターは、自動車メーカーが内製するか、またはTier1から調達する場合もあるようだが、その場合は日立や日本電産など。

ただ、パナにしても、日立、日本電産にしても巨大企業だし、EV事業は多くの事業の中の一事業でしかないので、インパクトは薄い。なのでここではTier2に注目する。

半導体関連銘柄と同じように、半導体そのもののサプライヤーではなく、そのサプライヤー相手に競争力のある部材を収める会社が日本には多い。EV関連銘柄でも同じ構造だ。

具体的な銘柄

スポンサーリンク
 

日本化学産業 4094

テスラと電池の合弁を作っているパナソニック。そのパナに正極材を収めている住友金属鉱山。その住友金属鉱山から正極材の生産を受託している日本化学産業。フル生産状態。月産350から600トン体勢へ。

日本化学産業 (日化産) 【4094】:株価・株式情報 | 株探

 

三井ハイテック 6966

モーターコアの精密部品を作る金型を供給。カナダに新工場。設備投資急ピッチ。中国、国内でも増産計画(ライン追加?)。

三井ハイテック (三井ハイテク) 【6966】:株価・株式情報 | 株探

 

ダブル・スコープ 6619

セパレーターのメーカー。自動車メーカー、電池サプライヤーに数多い実績あり。業績好調。

ダブル・スコープ (WSCOPE) 【6619】:株価・株式情報 | 株探

 

日特エンジニアリング 6145

コイル巻線機メーカー最大手。モーター製造に欠かせない製造装置。

日特エンジニアリング (日特エンジ) 【6145】:株価・株式情報 | 株探